蔵6330のトップへ

八千代市「農園弥左衛門さん」

蔵6330で使っている野菜の多くは、八千代市の農園弥左衛門さんから届きます。
蔵からは車で20分ほどの場所です。
年に何度か畑に顔を出していますが、今回は去年の夏に弥左衛門さん、高秀牧場さん、そして我々蔵のスタッフでBBQをやって以来の畑です。
畑の真ん中でBBQなんて最高に贅沢で本当に楽しかったです!
弥左衛門さんは、新川やその支流に囲まれた高台に3haの広い農地を持っています。
無農薬・減農薬栽培を大切にした野菜作りをされているのと、有機肥料を使っているので野菜本来の個性が生育にも味にもしっかり現れています。
なにしろ弥左衛門さんから届くお野菜は、どれも見た目から活き活きと力強く、そして味が濃いんです!
そして弥左衛門さんの特徴はもう一つ。
市場ではなかなか見かけないような西洋野菜に、いち早く挑戦している農家さんなんです。
畑には珍しい西洋野菜や色とりどりの野菜がたくさん並び、その数は40~50種類にもなります。
それだけの品種を管理するのも大変ですし、ましてや日本での栽培方法がまだ確立されていない西洋野菜を、先んじて栽培するためご苦労も多くあるようですが、ご主人の高橋さんは
「常に新品種に挑戦し続けることが、野菜作りのやりがいになっている。」
と、野菜農家という仕事への想いを話してくれました。
 
弥左衛門さんの野菜に対するプライドとご苦労をしっかり受け止め、蔵の料理として活かしていきたいと思います。
丹精込めて育てられた、農園弥左衛門さんの採れたての旬のお野菜たち、是非食べに来てください。
 
蔵6330 店長 小林
 
 

一覧に戻る