close

ホモジナイズとクリームライン

 

ホモジナイズ(脂肪の均質化処理)をしていない、

ありのままの牛乳『蔵六三三〇牛乳』は、

静置しておくと牛乳の中の脂肪球が浮いてきて、

脂肪分の層ができあがります。

その線を 「クリームライン」 と呼びます。

上の層は 「天然の生クリーム」。

下の層は 「天然の低脂肪乳」。

低温殺菌・ノンホモジナイズの牛乳でなければ、

綺麗なクリームラインは表れません。

×

生きている牛乳

 

「蔵六三三〇牛乳」は、日を追うごとに味が変わります。

一日目は、さっぱりとしたのどごし。

二日目は、さっぱりとした中に丸みが生まれ。

三日目は、しっかりとした風味と甘みが出る。

それは 「蔵六三三〇牛乳」の乳酸菌が生きているから。

鮮度だけが、全ての価値では無い。

「牛乳は熟成する」そんな概念を楽しめるのも、

蔵六三三〇牛乳ならでは。

×